トップ > スポーツ振興への取り組み

スポーツ振興への取り組み

スポーツ振興くじ(toto・BIG)の収益は、サッカーに限らず日本のスポーツ振興のために幅広く役立てられております。

FOR ALL SPORTS OF JAPAN 日本のすべてのスポーツのために。

助成金の使いみち

皆様にご購入いただいているスポーツ振興くじ(toto・BIG)の収益はスポーツ振興事業へ助成金として割り当てられ、身近にスポーツを楽しめる環境の整備や、日本のスポーツ活動の強化のために役立てられています。

スポーツ普及に対する助成

  • グラウンドの芝生化
  • クラブハウスの整備
  • スポーツ施設等の整備
  • 総合型地域スポーツクラブの育成
  • スポーツ教室・大会等の開催 など

競技力向上に対する助成

  • 優れた素質を有する競技者の発掘、育成
  • スポーツ教室、大会等の開催
  • ドーピング防止活動
  • スポーツ指導者海外研修
  • 国際競技大会開催助成 など

スポーツ振興くじ(toto・BIG)の歩み

スポーツ振興くじ(toto・BIG)は、子どもからお年寄りまで、誰もが身近にスポーツに親しめる環境整備や、国際競技力向上のための環境整備など、新たなスポーツ振興政策を実施するため、その財源確保の手段として導入されたものです。

平成10年5月に「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」が公布、同年11月に同法及び関係政省令が施行され、独立行政法人日本スポーツ振興センター(当時:日本体育・学校健康センター)がスポーツ振興くじ(toto・BIG)の実施主体になるとともに、その収益を財源として、スポーツ団体や地方公共団体等が行うスポーツ振興事業に対して助成する役割を担うことになりました。

このようなくじは、ヨーロッパや南米の多くの国々で既に長い伝統を持っており、その性格は、宝くじのように「夢」を買うことで小口の「寄附」を募るというものであり、あわせて、試合結果を推理する楽しみという「知的ゲーム」の要素を加えたもので、その収益は、スポーツ振興のための貴重な財源となっています。例えば、イタリアなどでは「半分は子どもたちのために、半分は自分の夢のために」として広く親しまれています。

スポーツ振興くじ(toto・BIG)の実施により得られた収益を財源として行うスポーツ振興くじ助成については、平成12年9月にスポーツ振興基本計画が策定されてから、具体的な内容を検討してきました。そして、文部科学省から示された「スポーツ振興投票の収益による助成の基本方針(平成13年11月5日 文部科学大臣決定)」や、当センターに設置した「スポーツ振興投票収益配分基準等審議委員会」の審議のまとめ(平成13年11月26日)を踏まえ、助成の対象とする事業や事務手続きなど、助成金の交付に関して必要な事項を定める「スポーツ振興くじ助成金交付要綱」を策定し、同時に交付要綱の運用として、細部を定めた「スポーツ振興くじ助成金実施要領」を策定しました。

平成14年度から、この交付要綱等をもとに、地方公共団体及びスポーツ団体が行う、スポーツの振興のための事業に対して助成しています。

助成金について

スポーツ振興くじ(toto・BIG)の収益のうち、3分の2がスポーツ振興事業へ助成金として割り当てられます。くじの売上金から、当せん払戻金及び経費を除いたものが収益となります。

東日本大震災・被災地の復興支援への取り組みについて

スポーツ振興くじ 助成事業の概要(独立行政法人日本スポーツ振興センター)

  • 【楽天toto】2017年上半期★BIG当せん本数ぶっちぎりの1位獲得!くじ購入でBIG200口プレゼント!
  • 自動購入!「おまかせBIG」ご優待!おまかせステージアッププログラム

楽天toto売り場一覧

楽天toto売り場一覧 楽天totoタウン

楽天totoの売り場一覧は楽天totoタウンでチェック!過去の当せんデータも揃っています。