トップページ > totoBIG当せん虎の巻 > totoONEコラム > totoONEコラム一覧(2019年) > 11月28日 これも時代の流れ…アメリカのある州で宝くじ販売スタート

totoONEコラム

サッカーくじtotoの予想サイト totoONE(トトワン)編集部がBIGの狙い目を伝授!~楽天toto 1等最高6億円への挑戦~

サッカーくじtotoのNo1予想サイト totoONE(トトワン)編集部がBIGの狙い目を伝授!~BIG最高6億円への道~

コラム一覧へ

2019年11月 28
これも時代の流れ…アメリカのある州で宝くじ販売スタート
池田(totoONE編集部)

「メガミリオンズ」や「パワーボール」といった超高額当せんが見込めるロトくじに加え、スクラッチ形式のくじなど、さまざまな宝くじが販売されている“宝くじ大国”アメリカ。全国の至るところで販売されていると思われがちですが、実は販売されていない州もあります。

 それはアラバマ州、アラスカ州、ハワイ州、ミシシッピ州、ネバダ州、ユタ州の6州。これらの州では宝くじを買うことができません。信仰にあつい人が多いアラバマ州、モルモン教徒の多いユタ州は宗教的理由により、ネバダ州はラスベガスのカジノ業界による反対など、宝くじが販売されない理由はそれぞれ異なります。

 その6州のうち、ミシシッピ州では11月25日からスクラッチくじの販売がスタート。ミシシッピ州もカジノ産業が盛んな州ですが、2018年に道路網整備の財源確保のためにスクラッチくじの販売が承認されました。当初は12月1日から販売開始予定でしたが、前倒しで11月25日スタートになったそうです。これにより、宝くじが販売されていないのは5州になりました。

「今までは州境を越えて(テネシー州の)メンフィスまで宝くじを買いに行っていた。そうしなくて済むのはうれしい」と、地元のロトくじファンも大喜び。販売代理店の中には、同日5時の販売開始に合わせて営業開始時間をいつもより早めた店舗もあるそうです。

 また、2020年初頭には「メガミリオンズ」や「パワーボール」の販売も予定されているそうです。旅行や留学などでミシシッピ州を訪れる方は、現地でスクラッチくじを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 さて、次回のBIGは第1140回です。約3億8900万円のキャリーオーバーが発生しており、高額当せんのチャンスがありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

注意:このコンテンツはtotoONE編集部の著作で制作しております。


  • 【楽天toto】【キング・クイーンステージ限定】おまかせステージアップご優待♪最大1万ポイントプレゼントキャンペーン
  • 【楽天toto】皆勤賞あります!今年最後のBIG大感謝祭!条件達成で必ず何かが当たる!
  • 【楽天toto】エントリー&「おまかせBIG」「おまかせtoto」1ヶ月継続で現金最大6万円当たる!

楽天toto売り場一覧

楽天toto売り場一覧 楽天totoタウン

楽天totoの売り場一覧は楽天totoタウンでチェック!過去の当せんデータも揃っています。